故人の物を整理

信頼できる業者選びとは

遺品整理を業者に依頼する場合、費用面を基準とされる方は多いものです。遺品整理を行う業者も年々増えているため、まずは費用比較のために見積書を取得してみるのは重要です。しかし、価格の安さだけで飛びつくのは少々危険です。 広告では低価格で表示されていても、実際の費用がその通りにいくとは限りません。遺品の量によっても作業費用や運搬費用は異なりますし、記載のないところで追加費用が発生するというケースも少なくはないからです。実際には高額な費用が請求されるといったトラブルを防ぐためにも、追加で費用が発生しうる条件については必ず確認しましょう。 遺品整理業者の評判をうかがうには口コミサイトなども便利ですが、実際に電話などでスタッフと接してみるのも大きな判断材料になります。問い合わせにはインターネットが便利ではありますが、ひと手間かけることでより安心してまかせることができるようになるものです。

費用はいくらかかるのか

遺品整理業者の質は費用だけでは測れないことは先述しましたが、おおよその平均価格を知っておくことも重要です。まず、遺品整理の費用は業者によって設定方法が異なります。作業員一人当たりの人数で費用を明示しているところもあれば、遺品の量で運搬車両の大きさを決め、車両の大きさによって作業員数や費用が設定されているというところもあります。そのため、平均や相場の価格を出すのが難しい業界でもあるのです。 参考までに申し上げますと、1DKタイプの物件では、作業員2名で30000円相当が平均で、運搬費用は60000円程度が相場となっています。遺品の量によってはより低価格で利用が可能な場合もありますし、家具家電製品を売却するとなると、その分費用が戻ってくるというケースもあります。