Funeral

遺品を整理

高齢化社会に突入したことによって、高齢者の遺品をどのように処理するかということが課題になっています。不要品回収業者に依頼することによって高齢者の遺品整理を代行してもらうことができます。

詳細を見る

整理の必要性

生前整理が行なえなかった場合は、故人の遺品を整理する必要があります。故人のものを近親者が整理することができないこともあるので、そのような際は遺品整理業者に委託して整理してもらうようにしましょう。

詳細を見る

故人の物を整理

遺品整理の業者を選ぶ基準は様々あります。その一つが費用面です。費用面は実際に見積もりをとっておきましょう。問い合わせを行う際は実際に担当と電話で会話をしてみることでより様々なことが明確になります。

詳細を見る

注意点をチェック

心がこもった葬儀を横浜で行ないましょう!丁寧なサポートをしてくれる業者だと安心して利用出来ますよね。

老いに備えて自分で遺品整理を行う人が増えています。専門業者に頼むことで、大きな家財道具も処理が簡単になります。

事前に注意が必要な点

直葬とは通夜や告別式等の宗教儀式を行わず、身内で火葬のみを行うことです。直葬には様々なメリットがありますが、いくつかの注意も必要です。 まず、価格については直葬の場合、通常の葬儀に比べて半分以下で行うことができます。しかし、式場や装飾がない分、担当者の人柄など葬儀屋の質が重要となるため、葬儀屋選びは価格だけではなく慎重に行う必要があります。 次に直葬を行う場合、親族や知人の方とよく相談して決めましょう。 きちんとお別れをしたい方もいるため、親族や知人の方に理解して貰った上で行う方が余計なトラブルを避けることができます。 また、お寺にお墓を持っている場合、注意が必要です。 お寺の許可なく直葬を行ってしまうと、後々お墓に納骨させてもらえない場合があります。そのため、事前にお寺への相談が必要です。

直葬を行う際の豆知識

人が亡くなった際、死後24時間以内に火葬することはできません。そのため、直葬の場合でも霊安室が必要になります。 自宅で安置できれば問題ないですが、一般的には病院で1日遺体を預かってもらうことは難しいです。しかし、もし大きな病院で亡くなったのであれば、無理を承知で病院に安置してもらえないか交渉してみる価値はあります。複数の霊安室を持っていれば1日くらい貸してもらえる場合があります。 自宅、病院が難しい場合は火葬場や葬儀屋の霊安室に預かってもらうという方法もあります。 直葬は宗教儀式をしないものですが、葬儀屋に依頼すればお寺の方を呼んで火葬炉の前でお経を読んでもらうこともできます。お布施は必要になりますが、まったく宗教儀式をしないのは抵抗があるという方に適しています。

お墓参り代行

近年少子高齢化にともなってお墓掃除をする家族が少なくなってきています。お墓の掃除やお墓参りを代行するお墓参り代行業者が便利です。大切なご先祖様に喜んでもらうためにもこのようなサービスを活用しましょう。

詳細を見る